冬は何もせずに勉強するだけ

最後まで

東大合格の為の勉強 冬

この時期まで勉強を続けてきた皆様、おめでとうございます。 4月から勉強し続けてきた皆様には、 自分なりの勉強法が身に付いていると思います。

受験勉強時代に苦労して身に付けた勉強法は、 今後あなたが生きていく中で、死ぬまで、大いに役立つことでしょう。

自分で身に付けた自分なりの勉強法

志望校合格も大事ですが、この勉強法を身に付けることこそが、 あなたが何度も挫折しそうになりながらも受験勉強を続けてきた もう一つの目的だったのです。

私も東大受験を通して、自分なりの勉強法を見つけました。 是非ともあなたも、自分なりの勉強法を見つけてください。 合格後に「ああそういえば、こんな勉強のやり方してたなあ」で 充分ですので、合格後に一度振りかえってみてください。 ゴールはもうすぐですが、気を抜かないように勉強を続けましょう。

学力を東大レベルまで昇華させる

11、12月は、一気に東大レベルまで引き上げる時期です。 Z会の東大コースなど、東大レベルの問題をやっていても、 分かる問題がちらほら出てくるようになります。

更に嬉しいことに、この時期には、今までやり続けた人へのプレゼントか、 「今まで分からなかったところが急に分かるようになる」現象が起きます。

私が散々苦労していた世界史が急に分かるようになったのも、 12月中旬にシコシコ勉強やっていた時でした。

本当に急に分かるようになります。 これぞ勉強をやり続けた人だけの特権です。

急に分かるようになった時は素直な気持ちで 「うおーー!!オレってすげーー!!」と、 馬鹿みたいですが、大げさに喜びましょう。

そして調子に乗って、更に勉強を加速させ、 一気に東大レベルまで持っていきましょう。

基礎の再々々々…復習

東大レベルの問題を解くのと同時に、今までの基礎に漏れはないか、 もう一度確認しておきましょう。

特に、文法や単語、年代や各国の都市等の、「基礎の基礎」の復讐は、 センター試験でも2次試験でも重要なのです。

4月にウンウン苦しんでやっていた殆どの問題集は、 今では1日で復習できるようになっているはずなので、 この時期はZ会などの東大レベルの問題を除き、 新しい問題集には手を出さず、復習に力を入れましょう。

どうしても新しいものをやりたいなら、1日で終えられるような 薄い問題集をやるべきですが、この時期から新しい問題集なんて 始めたら、東大入試本番を焦りと不安のまま迎えてしまうことに なるでしょう。

とにかく、今までやってきたことの総復習を行ってください。

センター試験はどうする

この時期一番期気になってくるのは、1月に控えたセンター試験でしょう。

しかし安心してください。 あなたは4月から真剣に勉強をしてきたのです。 最早、センター試験などあなたの敵ではありません。 センター試験、恐るに足らずです。 (私が言っても説得力ありませんが)

センター重視の志望校ならともかく、東大のようにセンター比率の軽い大学なら、 もう消化試合みたいな感じで受けても良いと思います。 いや、あまりナメた感じで受けると、私みたいになりますが…

センター対策は、自分なりの方法でやれば良いと思います。 早い段階から始めてもいいし、私のように、年が明けてから 始めても最低限足切りには遭わないでしょう。

とにかくここまで来たのだから、自分のやってきたことを信じ、 自分で身に付けた勉強法を信じ、そして何より自分自身を信じて センター試験と対峙してください。 きちんとやってきた人ならば、必ず満足のいく結果となるはずです。

11、12月まとめ

自分で身に付けた勉強法は、自分だけの宝。

やり続けてきた人にはプレゼントあり。

もう一度基礎を復習しておこう。

自分を信じろ!!センター試験なんてぶっ飛ばせ!!

以上で、春夏秋冬を通じた勉強の記事は終わります。 センター直前以降の私の挙動は、「受験直前、受験前日の過ごし方」を 参照してください。

皆様が自分なりの勉強法を見つけ出し、 良い結果が得られることを願っております。

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>