色々聞いていた

個人的趣味

東大受験時に聞いていた音楽

当サイトを開設して4年以上経ちますが、 受験時代に聞いていた音楽について、というより私の好きな音楽について書いてなかったので、 今回受験勉強の時にローテーションに入れていたアルバムについて書きます。

全部書いたらキリがないのでダイジェストで書いていきますし、 ただの趣味丸出しの記事ですが、分かる人は分かるからまあ良いでしょう。

ちなみに、好き勝手に書くのでファンの方は怒らないでね、 ということを最初にお断りしておきます。

ForSale、リボルバー〜ホワイトアルバム

アルバムは赤盤青盤含め全部持っていたが、 好きなのはForSale、リボルバー、Sgt.Pepper's、マジカルミステリーツアー、 ホワイトアルバム、パストマスターズU。

初期の頃のとアビーロードとLetItBeはあまり聞かない。

大学入学後に日本公演の裏ビデオを見せてもらったのだが、 一発目の『ロックンロールミュージック』から観客の金切り声が酷くて聞けたものじゃないのと、 ジョンが相変わらずガニ股だったことしか印象に残っていない。

映画で一番好きなのは『イエ口ーサブマリン』。 『Help』(『A Hard Days…』だったかも)はリンゴが追っかけられていた印象しかなく、 『LetItBe』はヨーコがスタンドの如くジョンに 貼り付いていて「ゴゴゴゴゴ(ドドドドドか?)」という音が聞こえてきそうだったし、 『マジカルミステリーツアー』はアヴァンギャルド過ぎた。

おせっかい、TheWall

おせっかい

おせっかい 対象商品

おせっかい

プログレである。私が好きなのはこの2枚。

『吹けよ風、呼べよ嵐』はブッチャー(シン)のテーマで有名だが、 『エコーズ』が2001年の『Jupiter beyond the infinite』とリンクしている(かもしれない) のを知ったのは最近のこと。 Youtubeやニコニコに検証動画があってビックリした。

TheWallは1枚目は良いのだが2枚目は『RunLikeHell』までかったるく中だるみになる。

小学生の時見たトラウマ映画『風が吹くとき』の音楽担当がロジャーウォーターズで、 見返してみたら本当にウォーターズぽい曲だった。 それより、あの本を図書館の児童向けコーナーに置くのは反則だと思う。

クリムゾンキングの宮殿、太陽と戦慄、Red、Discipline

red

Red: 30th Anniversary Edition

red

プログレその2。

『Moonchild』と『宮殿』の間の無音状態みたいなのはもう少し短くならなかったのか。

『Red』は名曲中の名曲なのだが、2ちゃんかどっか(ニコニコだった)で 「ウンコが漏れそうな時に頭の中で流れる曲」と書いてあるのを見て、 その通りに思えるようになってしまった訴訟。

私はリマスター版というものはあまり好きじゃないが、 Disciplineと太陽と戦慄の、最近のリマスター版は良いと思った。

U、FourSymbols

4symbols

Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION 2CD]

4symbols

ドラムが凄いバンド。 Uは何か音圧が凄くてビリビリくる。

FourSymbolsはA面の『BlackDog』『RockAndRoll』『TheBattleOfEvermore』『StairwayToHeaven』 が超有名だが、私的にはB面の『MistyMountainHop』→『FourSticks』→『GoingToCalifornia』 →『WhenTheLeveeBreaks』の流れこそが最高傑作だと思う。誰か賛同者はいないのか。

Vの一曲目はブロディだが、フィジカルグラフィティの『Kashimir』が曙の入場曲で使われていたのには、 当時テレビを見ていてビックリした。

『Kashimir』といえば、ニート時代に大阪のレコード屋で、 オーケストラアレンジアルバム『Kashimir』の新品を二束三文で買ったのだが、 アマゾンで調べたら現在プレミアが付いて68$になっていた。やったぜ。

ツェペリンのプレミアCD
右が件のアルバム。左のライフハウスエレメンツも何か高くなっていた。

MyGeneration、Who's Next、四重人格

quadrophenia

Quadrophenia

quadrophenia

ドラムが凄いバンドその2。オリジナルアルバムとブート合わせたら 所有していた枚数が1番多いバンドである。

曲が良いのは言わずもがな、歌詞も良く、 ”Teenage Wasteland”なんて当時ニートだった私の心にグサリときた。

Quadropheniaの映画はもちろん観た。

この前のロンドンオリンピック閉会式のラストでも相変わらず”Teenage Wasteland”だったが、 ”Hope I die before I get old.”とは言わなくなっていた。

1st.アルバムは14年くらい前にリマスター版が出たのだが、 何か音が小奇麗になって「凄み」が無くなっていてガッカリした覚えがある。

ここだけの話、世間では低評価のラストアルバム『It's Hard.』だが、私は好きである。

Truth

truth

Truth

truth

F1のオープニング曲じゃなくてジェフベック(と愉快な仲間たち)の1st.アルバム。

ボーカルがロッドスチュワートでベースがロンウッド。

何が凄いかって『Beck's Bolero』が凄い。主にドラムが凄い。 「誰だこのドラムは」と調べたら、妙に納得してしまった覚えがある。

というわけで、初心者置いてけぼりの内容になりました。 何のことか訳が分からないヤングの皆様は自分で調べて、どうぞ。

それぞれのバンドやアルバムについて詳細に語っているサイトなんて他に山程あるので、 これくらい適当でOKでしょうが、 段々熱くなってきて長くなりそうなので次回に続く。

次回に続く>>

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>