東大は中国語がズバ抜けて簡単

ニーチータンマ?

東大の第2外国語はチャイ語にしよう

確か、第2外国語を何にするか決めるのも、 健康診断の時あたりだったような気がします。 この辺記憶があいまいです。

しかし、駒場で生活する際のクラス決めも第2外国語で振り分けられるので、 やっぱこの時期だったと思います。

だれか記憶が確かな人、教えてください。

それはともかく、第2外国語はドイツ語、フランス語、 中国語、スペイン語... などの中から選ばなきゃいけません。 イタリア語もあるらしいです。豪華ですね。

しかしメジャーなのはドイツ語、フランス語、中国語の3つです。 私は前の大学でドイツ語を取って、いきなり単位を落としたクチなので、 一番楽そうな中国語にしました。

何で楽そうだと分ったか? 駒場の生協で、ドイツ語、フランス語、中国語の各教科書を見比べてみたら、 ドイツ語、フランス語は英語と変わらんボリュームで、 「ニーチェはかく語りき(適当)」みたいなことが書いてあるわけです。 対して中国語は、中学校の英語みたいに絵と会話ばっかなわけです。 「これは中国語を選ぶしかないだろう!!」ということで中国語にしました。

※後に授業を受けて分った教科書の内容ですが、 山本(読み方は確かshan ben)君という日本人が、 上海にある復旦大学へ旅行し、学友と再会した後、 バイクに轢かれて病院送りになる、という酷い内容でした。

2年の教科書の内容は、李登輝の手記や 文化大革命批判の内容が主でした。 中国で手記を書けるほどのインテリさん達は、 文革で酷い目に遭っている人が殆どでしょうから、 当然といえば当然なのですが…

まぁ、私の場合は「何が何でも単位を取って進級する」というのが第一目標だったので、 簡単な中国語にしたわけですが、文系で余裕のある人は、 ドイツ語フランス語をやればいいと思います。 理系の人は中国語でOKでしょう。

次回、クラス決定とプレオリ>>

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>