今のコミュニティが世界の全てではない

嫌なら逃げろ

酒と狭い視野、価値観

プレオリの事を思い出しただけで恥ずかしくなってきました。

この時に散々痛い目に会った私ですが、反省するどころか、 吉祥寺、新宿、国会議事堂前、北新地、梅田etc... 現在に至るまで色んな駅で吐いてきました。

午後から授業がある時などは、朝飲んでから授業に出ることもありました。

現在の田舎に来て、ようやく酒を飲まなくても大丈夫になったのですが、 あのまま飲み続けていたら、確実に死んでいたでしょう。 医者から「40歳までには死にますよ」と言われたことがありました。

私のような自業自得な話はともかく、毎年4月くらいになると 大学の新入生、それもかなり高学歴な大学の新入生が、 酒で死んでしまうニュースがちらほら流れます。

こういうニュースを聞くたびに、亡くなった方は酒に殺されたというより 「孤独や仲間はずれは悪いこと」「周りに合わせないといけない」 などという、「家畜の価値観」に殺されたなあ、と私は思います。

私は酒が好きで好きで、結果何度か死にかけましたが、これまで一度も他人に酒を勧めたことも、 ましてや酒を強要したこともありません。

そもそも私は1人でウィスキーをチビチビ(といっても1日250〜600ml)飲むのが好きでしたし、外で誰かと飲む時も 「他人に酒を飲ませるくらいなら自分が飲む」というスタンスだったので、 今まで「アルコール・ハラスメント」とは無縁だった訳です。

本当に体調が悪い時に飲めと言われたら、きっぱり断ります。 その所為で仲間外れになったとしても、相手がその程度の人間だったと割り切ることもできます。

亡くなった新入生たちも、もう少し自分の価値観、 特に集団帰属意識について考えてみればよかったのに、別にサークル内で仲間外れにされたからって大した事じゃないし、 サークルや大学の外には色々な世界や現実があったのに、と思います。

次回、地獄のオリ合宿>>

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>