ストレスの多い看護師

さっさと転職しようぜ!

看護婦、看護師の幸せな転職方法と対策

ストレスの多い職業

私の親戚の叔母さんは、地元の大病院の外科で外科婦長をやっていました。

婦長までやるのだから、さぞかし懐の深い人だと思われるかもしれませんが… ストレスを溜めて、いつもイライラしていた覚えがあります。

イライラしているおかげで、子供に当たる、 タバコを1日何箱も吸うなど、私生活でも結構荒れていたようです。

子供時代に叔母の様子を見ていたおかげで、 「看護婦というのは、ストレスばかり溜まる仕事なんだなぁ」、 「病院で働くってのは、大変なんだなぁ」という印象を今でも持っています。

私の看護婦に対する印象は、「当たらずしも遠からず」ではないでしょうか。

長時間労働に夜勤、上司や医者からのパワハラ、患者からのイチャモン… ストレスが溜まらない方がおかしいくらいです。

※ちなみに、私も看護師の道を選択する機会が一度ありました。 東大2年間の教養課程を済ませた後、進振りがあるのですが、 医学部看護学科は、文T、U、Vだろうが理T、Uだろうが、 どこからでも進学できるのです。(今は知らん)

私も「看護師になって、病院で働こうか」と考えたのですが、 上記の叔母のことと、グロ画像が大嫌いということを思い出し、 看護師への道は断念し、文学の道に進むことになりました。

東大受ける時も「駅弁大学の医学部にしようか」と悩みましたが、 今考えると、私が医者や看護師になったら 患者さんの命がいくつあっても足りないので、ならなくて良かったと思います。

嫌なら辞めちゃおう

というわけで、この記事を読んでいる看護婦/看護師の方で、 職場でストレスを感じている方がいるなら、さっさと今の職場を辞めちゃいましょう。 ストレスを溜めて鬱病になったり、過労で死んだりしたら目も当てられません。

大体、ストレス溜めて嫌な気分で仕事をしては、 自分のためにもなりませんし、患者さんのためにもなりません。

いくら「人助け」「自分がいないと患者さんが困る」などの大義名分を掲げたとしても… イライラしながら患者さんに接すれば、患者さんにも嫌な気分が伝播して、 治る病気も治らなくなるでしょう。

なので、医者や上司からパワハラを受けている、夜勤がキツい、 無茶振りばかりされるなど、病院で酷いストレスを感じている 看護婦、看護師の皆さんは、とっとと転職すれば良いのです。

で、辞める前後に転職すれば良いわけですが、 転職する時は、看護師専門転職サイトに登録しましょう。

なるべくマイナーな転職サイトを、3つ4つ選んで登録すればOKです。 何でマイナーな方が良いかというと、マイナーな転職会社の方が、人が少ない分、 登録者へのサービスが良いし、良い求人案件が残っているからです。 これは以前書いたとおり、医療関係以外の転職でも同じですね。

私も色々調べましたが、このあたりが良いのではないでしょうか。 ※もちろん、登録から転職決定まで、全部無料です。



このサイトはメジャーかも


この中から2つくらい選んで登録し、自分の希望する職場があるかどうか、担当者にたずねていけば、 必ずや理想の職場が見つかるでしょう。

他の記事にも書きましたが、「転職は情報戦」ですので、 なるべく多くのサイトに登録し、多くの情報を手にしましょう。 (どうせ登録するのも利用するのもタダです。利用できるものは最大限に利用しましょう。)

自分の希望の職場が決まったら、書類選考と面接ですが、 転職理由や志望動機などの面接対策は、 誰も教えてくれない職務経歴書の書き方や、 「転職者のための面接対策」前編  後編を 参考にしてください。

何だかんだいっても、医療関係の転職は、その他の転職に比べてかなりやり易いと思うので、 理想の職場を見つけて充実した人生を送りたい!」という方は、是非ともトライしてみてください。

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>