転職失敗で精神崩壊。おまけに左遷の巻 仕事と東大からブラック企業への道5

前回の記事:京都で転職失敗の巻

そんなこんなで、ネットサーフィンをしながら1日を過ごしていたある日、 ネットのニュースで「リーマンブラザーズ破綻」みたいな記事を読みました。

当時はまだ株もやっていなかったので、 リーマンとかサブプライムとか言われてもピンとこず、 「へ〜、だから何?」という感じであり、 後にあんなに楽しいことになるとは思ってもいませんでした。

加速する企業犯罪

それから1ヶ月もすると、全社の売り上げが急激に落ち込み、 社長や専務が「不況だ不況だ」と騒ぐようになりました。

「不況といったって、賞与が半分になる程度のものだろう。」 と思っていたのですが、全くの間違いでした。

世の中には2種類の会社があります。 会社が苦境に立たされた時でも、従業員を守り抜く会社と、 会社が苦境に立たされたら真っ先に人件費、従業員を切り捨てる会社です。

私の勤めていた会社は、当然後者でした。

賞与は0.2ヶ月分となり、上司から気に入られていない従業員は 配置換えという名目で、次々と人事部に集められました。

そしてデブチビブサイクなO人事課長(身長155cm)の 退職に追い込むパワハラで、次々に人が辞めていきました。

人事部の横は棚一つ隔てて経理部なわけで、 毎日O課長のオカマのような甲高い怒号が響き渡り、大変迷惑でした。

そして会社は、そんなO課長を高く評価し、 調子に乗ってタイムカードの改ざん、休日出勤の強要、 有給の揉み消し等、さらなる企業犯罪に手を染めはじめたのです。

崩壊する精神

経理部での私の仕事の一つに、各部署からくる支払依頼書のチェックがありました。

※支払依頼書とは、各部署へ来た請求書に対する支払処理を、 経理に依頼するという、名前の通りの書類。

会長への請求書は「経営企画室」という部署から来るのですが、 来るのは祇園の料亭からの請求書ばかりでした。

見たことない人は知らんでしょうが、祇園の料亭の請求書って、 高そうな和紙に、筆を使って手書きで書いてあるんですよ。

「弐拾五萬円 振込は京都銀行○×支店 普通111111」という風に。

「不況だ大変だ」と言いながら、従業員にばかり負担を押し付け 自分は運転手付のセンチュリーに乗り、祇園で一晩何十万円の金を浪費しているのです。 しかも会社の金で。

そして対外的には「会社は公器」などという、 使い古された形だけの言葉を吐いていました。

会社とは、経営者とその一味が楽をするため「だけ」に存在するものだと今ではよく分かるのですが、 当時はそれが分からなかったので、 祇園からの請求書を見るたびに血圧が上がり、ストレスを感じていました。

最低20時過ぎまでのサービス残業という名のタダ働き、 休日出勤(もちろんタダで代休無し)の強要タイムカードや有給残日数の改ざん等… こういったものが毎日毎日積み重なると、ストレスが溜まりに溜まってきました。

そしてある日、部内会議が行われた時 「先週の日曜日も出勤しました。この日の代休は一体どうなっているんですか。 もしこのまま代休をとらせないでうやむやにするのなら、 これは立派な犯罪ですよ!」と言ってしまいました。

部長は唖然とし、課長は挙動不審になってしまいました。 部内の女性陣からは、「よく言ってくれた!」と褒められたのですが、それだけでした。 (いや、辞めるときに女子社員一同からということで、 京都伊勢丹で買ったブランド物のボールペンとハンカチのセットもらったわ。 ボールペンは今でも大切に使っております)

その後、私は休日出勤を強要されても出勤せず、18時過ぎにはサッサと帰るようになりました。 早く帰宅してヤケ酒で憂さを晴らそうとしても、 会社のやっていることが全く許せず、次第に私の精神は崩壊していきました。

そしてある晩、 「そうだ、取締役会の時に、 集まったクズどもを皆頃しにしてやればいいんだ!」 とひらめきました。

どうやって頃すかを考えたところ、 拳銃が一番効率的ではないかという結論に達し、 「港町だし何となく売ってそうだから」という理由で、 神戸の新開地に買いに行くことにしました。

相場はよく分からないけど、250万円あれば本体と練習用の弾くらいは買えるだろうということで、 今度の休みに京都駅横の郵便局で金を下ろし、電車に乗って新開地へGO! と、一大決心をしたのです。 (250万円も一度に下ろせないとか、そういう判断すらできませんでした)

そんな折、突然人事部に呼び出されました。

その頃、常にICレコーダーを持ち歩いていたので、 それをポケットに忍ばせて会議室に入ると、前述した、私の大嫌いなO課長がいました。

「私が経理の全てを担当している子会社への出向」 これが、私が受けた人事命令でした。

私は「ああ、これで人頃しをせずに済む、これぞ天の助け!」 と思い、2つ返事で引き受けたのです。

私が頑なに抵抗すると思っていたらしいO課長は意外な表情をし、 その後は終始上機嫌でした。 そんなつもりは私には無かったのですが、O課長の機嫌をとったのが良かったのか、 引越しの支度金として20万円を貰い、引越しの代金は全て会社負担ということになりました。

こうして私は、ニート、ブラック企業と 「何一つ良いことなかった」京都の地を離れることになったのです。

端から見れば「左遷」「島流し」ということになりますが、 私的には、人頃しをせずに済んだという安堵感と 未知の世界である山梨への希望で一杯でした。

山梨に左遷、ゴーストタウン甲府の巻に続く。


変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
徹底したマンツーマン ゲキサポ

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場マイナビエージェントIT

生きる上で大変ためになる記事一例

引き寄せに関する大変素晴らしい記事一例

...