『ツキを呼ぶ魔法の言葉』は効果があるのか徹底検証する!

エゴを手放したり(手放してないだろぉ)色々やっていて、 私の精神状態は格段にアップしたわけですが、 以前書いた記事を読み返してみると、一つ引っかかったものがありました。

それが前に書いた「ありがとう」の弊害という記事(役に立たないので削除済)。

この中で私は「ありがとう連呼なんて糞だよ糞」と述べているのですが、 悲しいことに、実践はしておりません。

「自分でやってもいないのに、批判するってどうよ」 と思ったわけで、この度『ツキを呼ぶ魔法の言葉』 という本を元にしてやってみることにしました。

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』検証方法

検証方法は以下の通り。

期間:2013年2月28日より50日間

内容:「ありがとう、ついてる、感謝します」という3つの言葉、所謂「魔法の言葉」を何度も繰り返す。 発言回数は逐一カウントする。

判定:50日間の間に、現金100万円程度の収入か、それ相応の出来事があれば本物、何も無ければインチキと判断。


検証するからには真剣にやる

何で50日間で100万円かというと、この辺が妥当かなと思ったから。 (もう少し多くてもいいかなと思ったのですが、控えめにしておきました)

こういう理論によくある、お茶を濁す効果、例えば「良い気分になる」とか「小さな幸せ」なんてものは、 今の私には当たり前のことで、既にその状態だし、何か物質的な変化があっても良いだろうと思ったわけです。 (大体の目的がそれでしょう?)

私といたしましては、効果があれば万々歳で、 もし効果無しでもインチキ理論をAVGNばりにディスれる 「大義名分」ができる訳で、どちらにしろ良い気分な訳です。

検証中は真剣にやるというか、 全ての出来事を客観的に観察するようにしていきます。 最初から疑っていたり盲信していたら、結果が歪みそうな気がしますから。

1日の発言回数や効果の程は、 私のブログで毎日報告いたします(していました)。

さて、どうなることやら...

さらに詳しい内容はこちら>>

...

ページのトップへ戻る