ドンペリを実際に飲んでみた感想、味のレビュー

過去の記事にも何度か書いたように、 シャンパンが好きな私は「ドンペリ飲んでみたい。ドンペリの味ってどんなの」 と常々思っておりました。

ドンペリの味がどんなのか知るため、ネットで色々検索したのですが、 出てくるのはWikiをコピペしたようなブログorサイトばかりで、 実際に飲んだ感想を書いたサイトは皆無なのでした。

当初は「何たることだ」と憤っていたのですが、 よく考えてみれば味なんて実際に飲んでみないと分からないし、 実飲レビューが無ければ私がレビュー書けるじゃない!というわけで、 この度飲んでみることにしたのです。

豪勢な装飾のドンペリ2004

そんなわけで、ネットで安いのを探して購入したのは2004年モノ。

何でも「葡萄が最高の出来」の当たり年だそう。

ドンペリ箱
豪勢な外箱と瓶。左から蓋、瓶本体、内箱
ドンペリ説明書
箱に入っていた説明書。
ドンペリ説明書中身
説明書には「2004年の葡萄は素晴らしい熟成をむかえ、9月24日より収穫が云々」 とウンチクが書かれている。

ここまで豪華だと、否が応でも期待が高まるってものです。

ドンペリを実際に飲んだ感想

そしてついに開栓することになったのですが、 他のシャンパンと違って、口を覆っている銀紙が薄くて剥がしにくいことこの上ない。

何とか苦心して剥がしたのですが、 開栓した瞬間、何か重厚な香りが漂うではありませんか。

ドンペリの栓
金具とコルク栓。金具はメッキが剥げて古くなっている。
ドンペリのコルク比較
NV(ノンビンテージ)シャンパンとのコルク栓比較。 普通は左のように膨らむのだが、12年間寝かせていただけあって縮んだまま。
ドンペリの色
グラスに注いだ図。色が分かるようにキッチンペーパーを背景にしたが水滴がついて意味なし。 普通のシャンパンよりも緑がかっていた。

そして、期待に胸躍らせて飲んでみると…

あれ?辛いだけでシャンパンの味がしないじゃないか。

2004年から12年間も寝かしてあったせいでしょうか。

普通のシャンパンやCAVA(スペイン産のシャンパンみたいなの)にみられる、 果物独自のフレッシュさや爽やかさが無く、何か熟成したような感じと アルコールの辛(から)さだけが目立つ「何ともいえない飲み物」だったのです。

「おかしいな〜、一体何がいけなかったんでしょうかね」 などと思いながら飲んでいると、久々に飲んだためか足にきました。

ドンペリの味レビュー:まとめ

懲りずにドンペリ2006を飲んだ感想に続く。

...

ページのトップへ戻る